アラフィフの廃車!家庭の事情を比べながら

アラフィフの廃車!家庭の事情を比べながら

あなたはどんな時に廃車をする事を予定しますか?一つの大きなテーマとしてお金の問題があると思います。

 

 

自動車ローン、購入時点でのローン。保険とか。

 

 

もうあらゆる点でお金がかかってしまう。

 

 

 

アラフィフの主婦です。

 

 

子育てももう少しで一段落する頃で、最近自分の時間が少しずつ持てるようになってきました。

 

 

自由になった時間をどのように過ごしているかといいますと、私は地方でもかなり田舎の方に住んでいて、車を1〜2時間走らせ、街へ出かけるのが楽しいひとときです。

 

 

自宅周辺には年配者向けの食堂などしか食べられる所がないので、街へ出かけて、素敵なカフェ、レストラン、全国的にも有名なハンバーガーのチェーン店を1日につき1〜2店めぐり、お持ち帰り用の人気ケーキ店、ベーカリーショップのパンを買って帰るのが、楽しいお出かけとなっています。

 

 

 

カフェやレストランでのお食事、デザートは、どれも気の利いた器に盛られ、彩りも美しく盛り付けられています。

 

 

これらを食べてしまう前に、記念に一枚ずつ、写真に収めています。

 

 

 

それほど立派なカメラではなく、いつも使っているスマートフォン、コンパクトさだけが取り柄の安価なデジタルカメラなどを、「料理」モードにして、撮影しています。

 

撮ってどこで使うわけでもないですが、念のためお店の方にひとこと、断りを入れてから撮影するようにしています。

 

お店でなく、自宅にテイクアウトしたケーキ、パンなどは、家の食卓テーブルを綺麗に拭き、背景に不要なものが写らないよう配慮して、お皿に載せて撮影したりしています。

 

 

 

 

 

お料理、デザートは、食べ終わるまでの時間も豊かな気持ちになって幸せなのですが、当たり前のことながら、食べてしまったら、形には残らないです。

 

飲食店用の口コミサイトなどでも、私が食べたのと同じ料理の写真を見ることはできますが、やっぱり自分の目で見た、自分のために運ばれた料理を撮影する瞬間が、とても楽しいです。

 

撮った写真は自分のパソコンに保存して、時々なつかしい気持ちで、見返したりしています。

 

街にそう頻繁に出かけることができないため、どのカフェもレストランも、まだ1〜2度ずつしか行けていません。

 

なので、写真を見返すことで、もっと行きたい気持ちを、満足感につなげています。

 

 

 

 

 

料理の写真を撮ることで、自分が家庭で作っている料理にも、プロの工夫を加えたいと思うのですが、似たような出来にはなっても、なかなかプロの見かけ、味と同じものを作ることは、できないです。
やはりそのお店に直接足を運んでこそ、魅力的なお料理やデザートに出会うことができるのでしょう。

 

 

 

 

 

写真を撮るのが楽しいのか、素敵なお料理を食べるのが楽しいのか、自分でもよくわからないのですが、プロの作った料理を写真撮影することで、私や家族の食生活も、豊かになっているのではないかと思います。

 

 

この写真撮影は、純粋な趣味ではなく家事の延長線となっていますが、家庭料理をレベルアップさせる上で、主婦の私にとって、欠かせない趣味となっています。

 

 

車を手に入れるのは凄く難しいけど、車を手放す方法の一つとして車を売る&廃車になっていますよね。

 

 

アプローチの方法としては廃車の手続きなんで。

 

廃車手続き

 

 

あるあるになる形、プロの方法を廃車の手放し。

 

 

 

後は健康的な面で比較的ヨーグルトを飲むようになりました!だって腸内フローラが気になるから。

 

 

 

腸内フローラサプリ君